読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MUSIC By JLS.co

Japan Life Specter

DJがScratch練習するならこのレコードがオススメ(ビーツ編)Part4

DJ DTM

f:id:JLSco:20160502235117j:plain

 Life Specterです。DJとスクラッチは切ってもきれない関係です。DJなら少しはスクラッチをしたいと思うのが、世の常だと思います。今回は初心者がターンテーブルでスクラッチを練習する際に、まず買うべきレコードを紹介します。

 Stones Throw Recordsから発売されているSUPER DUCK BREAKS....The SAGA BEGINSです。ArtistはDJ Babuです。これもかなりの名盤です。1996年にリリースされています。DJなら1枚は持っているという感じです。このレコードは前に紹介したスクラッチネタとして使うのではなく、スクラッチを載せるビートとして使用することをオススメします。

 スクラッチを練習する際は、1台のターンテーブルでビートを鳴らし、もう1台のターンテーブルを使用してビートにスクラッチを載せていくと言った方法で主流です。その際に使用するビートとしてこのレコードをオススメします。オススメする理由はビートがカッコ良いということもありますが、ドラム音を中心に構成されているので、スクラッチの音を聞き取りやすいからです。SUPERDUCKBREAKSがどのようなビートか?の確認用のために、録音した音源をYoutubeにアップしました。参考にしてください。


SUPERDUCKBREAKS DEMO By Japan Life Specter

 

 3連複、4連複(倍速)のスクラッチの練習には四つ打ちビートもオススメです。四つ打ちビートだと、ズレの確認に最適です。スピードについていけない場合は、ピッチを落として練習しましょう。

 自分にあったビートを見つけて、楽しく練習していきましょう。

By Life Specter